ブランシエラ加古川リアラスブランシエラ加古川リアラス

コンセプト

駅南広場(徒歩3分/約240m)

さあ、新しい駅前生活を
はじめよう。

加古川駅周辺地区まちづくり構想2020年本格始動加古川駅周辺地区まちづくり構想2020年本格始動

History

ずっと愛され続ける加古川の中心。
ここから、豊かな未来が
動き出します。

江戸時代の参勤交代の際に、西国街道の宿場町「加古川宿」として栄えた記憶を宿す加古川寺家町。明治初期の加古川駅の開業をはじまりに、駅周辺への商店街や企業の進出が盛んになり、たくさんの人々が暮らす街へと成長してきました。いまでは、生活利便施設も充実し、暮らしのための環境がしっかりと整っています。いままでも、そしてこれからも、家族の未来を美しく育む、加古川の中心地です。

播磨名所巡覧図会|1970年ごろの「加古川」駅前|加古川駅前広場|ベルデモール・じけまち商店街
ブランシエラ加古川リアラス誕生年表

Vision

たくさんの世代が集まる、
活力のある街へ。
「加古川駅周辺地区まちづくり構想」。

2020年6月に加古川市が発表した、
「加古川駅周辺地区まちづくり構想」。
JR「加古川」駅周辺に
都市機能を集積させることにより、
市内外から多世代が集まり、
生き生きと住み継がれる街が描かれようとしています。

計画地周辺エリア概念図計画地周辺エリア概念図

航空写真

暮らそう、新しい真ん中に。暮らそう、新しい真ん中に。

古くから街の発展を担い続けた、加古川駅前エリアが新たな進化の時を迎えようとしている。
多世代が暮らし、集い、賑わう、理想の未来を掲げる「加古川駅周辺地区まちづくり構想」。
その思いに呼応するように、新たなライフスタイルを提案する新世代マンションプロジェクトが動き出します。
“ベルデモール“”と“じけまち商店街”が交わるセンターポジション。
加古川UPDATE、いよいよ開幕。

※1計画地周辺エリア概念図のゾーニングについては、「加古川駅周辺地区まちづくり構想(2020年6月発表)」(出典:加古川市ホームページ)をもとに配置しています。また、今後変更になる場合があります。
※2出典:国立国会図書館
※3出典:『明治・大正・昭和初期の加古川 写真で見る 加古川総合文化センター博物館図録』より
※掲載の航空写真は2021年1月に撮影した写真にCG処理を施したもので実際とは異なる場合があります。
※掲載の外観完成予想図は設計図書を基に描いたもので、官公庁等の指導または施工上の都合により、設計・仕様・色彩等に変更が生じる場合があります。
※掲載の徒歩分数は80mを1分として算出した概算時間です。
※掲載の環境写真は2021年3月・4月に撮影したものです。