ブランシエラ大宮 氷川の杜

長谷工不動産の新築分譲マンション|ブランシエラ大宮 氷川の杜
JR「大宮」駅 徒歩10分、氷川参道 徒歩1分

Design

美しき佇まいで、
人々を迎える意匠

Image Photo

デザイン

FACADE

外観完成予想図

ENTRANCE APPROACH

エントランスアプローチ完成予想図

四季の彩りを暮らしに映す、色とりどりの植栽計画。

「ブランシエラ大宮 氷川の杜」では四季折々の表情で美しい光景を魅せる植栽計画を実現しました。門柱を抜けたエントランス前では5m程度まで成長するオガタマキノがシンボルツリーとして居住者を迎えます。春には鮮やかな花が咲くツツジやシャクナゲ、夏にはアジサイ、秋に色づくイロハモミジに、冬のツバキ。暮らしを彩る、植物の彩りが日常に優しくて美しい空間を演出してくれます。

  • ヒラドツツジ(春)
  • セイヨウシャクナゲ(春)
  • シャガ(晩春)
  • サツキツツジ(晩春)
  • サラサドウダン(初夏)
  • アジサイ(初夏)
  • ヒメシャラ(初夏)
  • イロハモミジ(秋)
  • カンツバキ(冬)
  • ソヨゴ

All Image Photo

氷川神社の自然との
連続性を大切にしつつ、
四季を楽しめる風景を創出。

東武緑地 株式会社

設計室長

宮澤 拓也

Takuya Miyazawa

植栽計画において柱となる要素の一つは「緑」。氷川神社や参道の豊かな緑と共通する樹種を取り入れ、景観の連続性を大切にしました。また、ツツジやアジサイ、ヒメシャラ、モミジなど、約30種の草木を植えていますので、四季折々の変化がお楽しみいただけます。アプローチに植えたシンボルツリーはオガタマノキで、春に白い可憐な花を咲かせます。古来から神が宿ると言い伝えられる、縁起の良い木でもあります。もう一つの要素は「水」で、氷川神社の神池や蛇の池といった水のある風景をラウンジ横の箱庭に再現。池に見立てた青系の砂利を敷き詰め、水辺の雰囲気をデザインしました。

  • ※掲載の完成予想図と敷地配置イラストは設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合がございます。形状、仕様、外構等については行政官庁の指導及び、設計・施工の都合により変更が生じる場合がありますので、予めご了承ください。
  • ※雨樋、エアコン室外機、給湯器等再現されていない設備機器がございます。※植栽は特定の季節の状況を示すものではありません。また竣工時には完成予想図程度には成長しておらず、位置・形状は実際とは多少異なる場合があります。