ザ・福井タワー スカイレジデンス|福井開化|北陸最高層28階建タワー

mv

アクセス

image photo
mv mv

北陸新幹線延伸開業で
首都圏・信越圏へ一直線。

北陸新幹線の延伸開業・東京直結を2024年3月16日に控え、
数多くの再開発計画が進むJR「福井」駅エリア。
交通網の充実により、活動の新拠点に。
福井の未来の都市生活がここに始まる。

JR北陸本線「福井」駅 (徒歩4分/約250m)

未来へ直結

北陸新幹線延伸開業後、
東京駅へダイレクトにアクセス。

JR北陸本線「福井」駅は2024年3月16日に、
北陸新幹線の延伸開業により首都圏・信越圏と直結。
京都・新大阪への延伸計画(開業時期未定)もあり、
ビジネスや観光のいっそうの発展が期待される。

image photo

image photo

image photo

image photo

image photo

image photo

全国各地の中核都市へ、
旅行もビジネスチャンスも拡大する。

すでに金沢や富山でも実証されているとおり、
北陸新幹線の延伸はさまざまな効果を生み出すとされている。
移動時間の短縮はもちろん、人々の交流が増え、
まちづくりが活性化し、地域の知名度が上がり、
観光が活発になることで、大きな経済波及効果が期待される。

image photo

image photo

2025年「大阪・関西万国博覧会」を機に、
観光・インバウンド需要の伸長に期待。

「大阪・関西万国博覧会」は2025年4月〜同年10月に
開催される予定で、150ヵ国及び25国際機関の参加が
想定される一大イベント。
これを機に福井県へも観光客の回遊が期待される。

大阪・関西万博会場イメージCG 提供:2025年日本国際博覧会協会

屋外イベント広場イメージCG 提供:2025年日本国際博覧会協会

「中部縦貫自動車道 福井県内ルート」が
2026年春に全線開業し、さらに便利に。

長野県松本市を起点に福井市へ至る中部縦貫自動車道。
その福井県域を構成する大野油坂道路が
2026年春(大野-和泉IC間は
2022年度~2023年度)開通予定。
中央自動車道、東海北陸自動車道、北陸自動車道を連絡し、
中部圏、中京圏へいっそうスムーズになる。

自然史博物館テラスより

※掲載の写真は、2022年4月に撮影したものです。
※徒歩分数は80mを1分として算出(端数切り上げ)した概算時間です。
※距離表示は現地からの地図上での慨測距離です。
※掲載の交通地形図は地図を基に簡略化して描き起こしたもので位置、距離等は実際とは異なります。
※掲載の情報は2022年4月時点のもので、今後変更となる場合があります。

CONTENTS