EQUIPMENT設備・仕様

住まいの安全・安心を支える
確かな建物構造

Structure

独立基礎工法

地表近くに支持層がある強固な地盤のため建物全体を直接地盤で支える独立基礎工法を採用しています。(一部除く)

置床式二重床

上下階の生活音を構造材と仕上材の両面から軽減することを考え、置床式二重床を採用。(一部除く)

二重天井

コンクリートスラブから天井を吊り下げる二重天井を採用。配線のメンテナンスや将来のリフォームが容易に行えます。

アウトフレーム工法

居室内への柱の出を抑えたアウトフレーム工法を採用。空間を広くスッキリ活用でき、家具などのレイアウトがしやすくなります。(一部除く)

複層ガラス

二枚のガラスの間にクリアランスを設け、重ね合わせた複層ガラスを採用。断熱効果を高めるだけでなく、室内外の温度差によるガラス表面の結露防止にも効果を発揮します。効率的・効果的に冷暖房を利用できます。(一部除く)

溶接閉鎖型フープ筋

柱には、あらかじめ工場にて特殊溶接をして閉じた型にした溶接閉鎖型フープ筋を採用。継ぎ目がなく、地震の揺れに対して柱が粘りを持ちます。(一部除く)

ダブル配筋

鉄筋を二列に配したダブル配筋を採用しました。(一部除く)

断熱性・遮音性の高い外壁構造

外壁はRC150mm以上を確保。断熱材を吹き付け、プラスターボードとクロスの多層構造を採用。優れた断熱性や遮音性・耐久性を発揮し、快適な居住空間を実現します。

戸境壁厚

隣接する住戸間の戸境壁厚は約180・200・250mm以上を確保。生活音やプライバシーに配慮しています。

対震枠付玄関ドア

地震の際、ドア枠の変形により住戸内に閉じ込められないように、変形に対応する対震枠を採用。避難路を確保し、安全性を高めます。

非構造壁スリット工法

地震によるダメージを部分的なものに抑える非構造壁スリット工法を採用。地震発生時にご入居者の安全のみならず、マンションの資産価値を保ち、補修費の軽減が図れるように配慮しています。

先分岐工法

先分岐工法は、信頼性に優れ、継ぎ目の加工技術やトラブルによる漏水の防止に有効です。

住宅性能評価(設計・建設)

国土交通大臣の登録を受けた第三者機関が、住宅の構造の安定や火災時の安全など、各性能について厳しく評価しています。評価が等級や数値で表示されるために比較がしやすく、客観的で公平です。「アデニウム上麻生 ザ・レジデンス」は国土交通大臣指定の第三者機関による『設計住宅性能評価書』『建設住宅性能評価書』を取得しています。

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険とは、新築住宅の売主等(建設業者・宅建業者)が「住宅瑕疵担保履行法」に基づき、国土交通大臣が指定をした指定保険法人と契約を締結。その住宅に瑕疵が判明した場合、その補修費用等が保険金により補填される制度です。万一、売主が倒産して、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分の10年保証が遂行できない場合でも、保険金が支払われるため安心です。

省エネルギー対策(住宅性能表示)
最高等級4

設計住宅性能評価の省エネルギー等級において、最高等級である「4」を取得。断熱材の設置範囲なども増やすことにより、冷暖房効果を高め夏の暑さと冬の寒さを軽減させます。

CASBEE川崎「★★★」

川崎市建築物環境配慮制度(CASBEE川崎)において総合評価「★★★」となる環境配慮型マンションです。